ただ握るだけ!記憶力が持続する右手と左手の法則

買い物を頼まれたのに、スーパーに言ったら何を買うのか覚えていない。テスト前に勉強したはずの単語が思い出せない。そんなことって、誰でも経験したことがありますね。

記憶に関連した学術論文の中に、右手と左手で記憶できるというものがあります。

興味深い実験

暗記力の実験として、ニュージャージー州モントクレア州立大学の研究者らは、手を強く握ることが記憶を司る脳領域の活性化と関係すると考え、右利きの被験者51人を対象に次のような実験を行ったのです。

1. ゴムボールを手の中で90秒間なるべく強く握り、直後に72個の単語を暗記する。

2. もう一度ボールを90秒間握った直後に、できるだけ多くの単語を思い出す。

被験者らは以下の5グループに分けられました。

・右手のみでボールを握るAグループ

・左手のみでボールを握るBグループ

・1を右手、2を左手で行うCグループ

・1を左手、2を右手で行うDグループ

・ボールを持っているだけで握りしめないEグループ

右手を握って暗記 し、 左手を握って思い出すと暗記力アップの効果ありすると暗記するときに右手でボール握り、思い出すときに左手でボールを握ったCグループの被験者らが最も多く単語を思い出すことができました。これにより、暗記の前には右手を、それを思い出す前には左手を強く握ると効果があることが実証されたのです。

手を握ることと脳の働きの関連

人間の体の右側は左脳が、左側は右脳がコントロールしていることは以前から知られています。また逆のこととして、動かすことで右手が左脳、左手が右脳を活性化させることができることも、これまでの研究でも証明されています。

今回の実験から、記憶には右脳左脳の両方が重要な役割を果たしており、右手を握る動作が記憶をストックする脳領域(左脳)、左手を握る動作が記憶を引き出す脳領域(右脳)を活性化させると考えられる推測できるわけです。

実験を指揮したルス・プロッパー博士は、「こぶしを握るという簡単な動作が、脳の機能に影響をもたらし暗記力を向上させることが分かりました。今後は、人の顔などの視覚的記憶や、物を置いた場所などの空間的記憶も同様に向上が可能かを検証していく予定です。また今回の実験では被験者全員が右利きだったため、左利きの人でも同様の効果があるかも検証が必要です」と述べています。

Amazon.co.jp: 最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法 eBook : メンタリストDaiGo: 本
Amazon.co.jp: 最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法 eBook : メンタリストDaiGo: 本

実生活に活用する

まず、覚えたいものを唱えながら、右手を90秒握ります。強く握る必要はありません。少し時間をおいて思い出そうとする時、左手を握ります。そうすると、何もしなかった時よりも思い出す量が増えていることを実感できるはずです。簡単でしょ!

実際にやってみると、驚くほど覚えられます。

散歩しながら、通りかかった家の表札を何気なく眺めて、その名前を唱えながら90秒右手を握って、そのまま歩き続け、家に帰ったあと左手を握り思い出そうとすると、スルスルっと思い出せる。

アレ?

こんなに覚えられるものなのかな?とビックリです。名前を文字として思い出せるというだけでなく、その表札の形や書体、家の雰囲気まで思い出せます。ついでに眺めていたその家の周りの様子まで思い出すことができ、目にした番地表示まで思い出せて、自分でも驚いてしまいました。

更に驚きなのは、三週間たった今でもそれを思い出せることです。こんなに効果があるものなのか!

今回は、実験的なことなので、一つのことしか覚えていないのですが、受験用の単語を数百覚えるとかもっと複雑なものを覚えることにも使えるのか、いろいろやってみたいと思います。

とても簡単な方法なので、皆さんもやってみてください。

Amazon.co.jp: 脳にまかせる勉強法 eBook : 池田義博: 本
Amazon.co.jp: 脳にまかせる勉強法 eBook : 池田義博: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました